入院した時の食事代を多く負担していたとき
     やむを得ず、限度額適用・標準負担額減額認定証を提示できなかった場合に限り、食事療養差額の支給を申請することができます。
     申請書はこちら