訪問服薬相談について
     福井県後期高齢者医療広域連合では、平成30年度から、主に1カ月に10種類以上のお薬を継続的に飲んでいる多剤服薬者の方を対象に、薬剤師による訪問服薬相談を行います。
     訪問相談を行う対象者は、広域連合がレセプト等をもとに決定し、申請書を送付します。訪問相談は無料ですが、申請書が届いた方のみが対象となります。
     申し込み後、委託業者である福井県薬剤師会の担当薬剤師が自宅へ2回訪問し、飲み残しや残薬管理等服薬についての相談やアドバイスを行うとともに、訪問内容を「かかりつけ医」に連絡して連携をとりながら適正服薬の向上を図ります。