年金天引きを中止したい方は
     保険料を年金からお支払いいただいている方でも、申請により、口座振替でお支払いいただくことができます。お住まいの市役所・町役場に申し出ていただくことで、保険料を年金天引きから口座振替で納めるように変更することができます。

    ※口座振替した後、滞納が発生した場合には、年金天引きに切り替わる場合がありますのでご了承ください。

    【手続きに必要なもの】
     ①通帳
     ②口座届出印
     ③年金天引き中止申出書
     ④口座振替依頼書
    (③、④についてはお住まいの市役所・町役場へお問い合わせください)

    【社会保険料控除について】
     所得税および個人住民税の社会保険料控除については、自身または生計を一にする配偶者や家族の負担すべき社会保険料を支払った場合に、その支払った方に社会保険料控除が適用されます。
     後期高齢者医療の保険料も社会保険料控除の対象となりますが、保険料が年金から天引きされている場合、その保険料を支払ったのは年金受給者自身であるため、その年金受給者に社会保険料控除が適用されます。
     しかし、年金天引きから口座振替へ変更した場合は、口座振替により保険料を支払った世帯主や家族に社会保険料控除が適用されることになり、世帯としての所得税および個人住民税の負担が少なくなることがあります。